<< 二月のお休み | main | たまにはボーっと。 >>

70人の前でこんな挨拶しました(^_^;)

image1.jpeg

来年、

会長させていただきます永谷です。

石山で小さな居酒屋を経営しています。私は、ロータリーはお金持ちが集まって交流するそういう集団だと思っていました。

でもこんな小さな1店舗の女将でも受け入れてもらえるほど

昨今は入りやすくなっています。

奉仕の気持ちさえあれば

どなたにでも門戸は開かれています。


きっかけは東日本大震災でした、

テレビから流れてくる映像を見るたびに心が痛み

自分にも何かできないかな、

寄付やボランティアできないかなってずっと思ってましたが

結局何もできずそのまま時が過ぎてしまいました。

どこに寄付をしていいのか信用もできずボランティア行くにしても誰を頼っていいのか

交通手段はあるのかなどいろいろ思案しましたが

ロータリーと言う組織に入れば

自分の寄付金や会費から被災地のロータリーを通じて確実な寄付ができたり

また東北のロータリの方々と連絡を取ることでボランティアに参加することも可能です。

実際私は熊本の時には駆けつけることができました

それは熊本にもロータリーと言う頼れる組織があったからだと思っています。

私にとってロータリーとは

小さな一個人が

全国や全世界とつながる可能性を広げてくれる

『架け橋』のような存在だと

思っています。

皆さんがロータリーについてどういうイメージをお持ちかはわかりません

でも私が会長されて頂く来年の7月からはもう少し入りやすい金額を設定したりお試し期間を設けたり

若い人たちも参加できるイベントを考えたり

皆さんにもっと興味を持ってもらえるようなそんなロータリーにしていきたいと思っています。

一緒に仲間になって、ご自分が興味ある奉仕活動を小さなことからコツコツしませんか?

週一回みんなで集まるのロータリー例会では

どんな良いことがみんなでできるかなを話し合ってます。

今日のこのイベントもその一つです。

いつもお世話になっている皆さんや地域の皆さんに無料で楽しんで頂ける会を設け、私たちの思いを皆さんにお伝えできたらな、と現会長が提案した企画です。

今日ご参加くださいました皆様に御礼を申し上げ私の挨拶とさせて頂きます。

本日はどうもありがとうございました。』

緊張もしていたので、やや内容が変わってるかと思いますが、

無事にしゃべりきることができました。

来年4月から1年間会長をします。

考えること、悩むこと、人前で話すこと、伝えること、

人との出会い、

いろんな年齢層やお考えをお持ちの方々をまとめること、

全てが勉強になり、

人間的にも成長できるだろうなと思っています。

この1月で50歳になりました。

波瀾万丈だけど、良い1年にしたいと思っています。

スポンサーサイト

| - | 11:39 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://hanasabi.jugem.jp/trackback/1752

Trackback